• 色々な薬と患者に説明する医者
  • 悩む男性と薬を手に取る男性
  • 錠剤と問診をする医者
公開履歴
患者に説明する女医

ヘルペスは日本人にとってなじみぶかいウイルスで、感染率も高いのが特徴的です。
ただ、ヘルペスの詳しいメカニズムや予防方法に関しては知らない方も多いので、正しい知識を把握して万が一感染、発症した時に備える必要があります。

性行為をする相手がいないから感染していない、と誤解している方もいらっしゃいますが、セックスや手淫以外も感染ルートになるので注意が必要です。

症状が似た他の性病や性感染症もありますが、口元や性器周りに水ぶくれ、赤いぶつぶつ、リンパ節の腫れ、ヒリヒリ感などの症状が出たらヘルペスを発症した可能性がおおいにあります。
早期発見早期治療のためにも普段から身体の異変は敏感にキャッチするように意識しておくのが理想的です。

ヘルペスの感染経路はどんなものがある?

ヘルペスウイルスは粘膜と接触することでうつる特徴があります。
単純ヘルペスウイルスに感染することで発症する性器ヘルペスは、性行為が原因になることが大半です。
感染経路となる性行為とは、セックスだけではなく口や肛門を使ったセックス、手淫も含まれます。
性器ヘルペスの症状が出ている相手と性的なことをすると、ヘルペスをうつされてしまう恐れがあるので注意しましょう。

たった1度軽く触れ合った程度だから大丈夫、と軽く考える方も多いようですが、1度の性行為でも感染する確率は非常に高くコンドームをしていても完全に予防できるとは限りません。
なぜなら、病変部には大量のウイルスが存在している上、性器だけではなく臀部や肛門、太ももなど身体の広い範囲に棲息しています。

コンドームを装着する時に、病変部である性器に触れた手にウイルスが付着してしまいます。
よほど潔癖症の人間でなければ、避妊具をつける前後に2回手を洗って消毒することはあまりないでしょう。
ウイルスだらけの手で間接的に性器や肛門などの粘膜に触れたことが感染経路になるパターンも珍しくありません。

また、性的な行為以外の感染経路でヘルペスを発症することもあります。
よくあるのが、公衆トイレの便座や大衆浴場のイスです。
間接的とは言え、ウイルスが潜む便座やイスと性器が接触することでヘルペスになってしまうこともあります。
特に男性は洋式トイレで感染することがあるので、男性器の先端が便座に触れないよう細心の注意を払った方が良いでしょう。

恋人や友達、家族で使い回したタオルが感染経路になることもあります。
感染していても自覚がない患者さんは多いので、衛生面を保つためにもタオルの使い回しは避けた方が賢明です。

その他、母子感染する恐れもあります。
性器ヘルペスを患っている母親は、妊娠中5%の確率で赤ちゃんに体内感染させてしまうことが分かっています。
妊娠中、胎盤でヘルペスウイルスが増殖し、赤ちゃんの血液まで移行してしまうと生まれる前からヘルペスに感染させてしまいます。

また、自然分娩で産んだ時、85%もの確率で産道感染するデータも報告されています。
分娩時、病変部のヘルペスウイルスに赤ちゃんが触れてしまうと、この世に誕生した瞬間にヘルペスになる悲劇に見舞われるので親の責任が問われます。
幸い、帝王切開によって分娩すれば母子感染は避けられる可能性があるので、妊婦さんは特にヘルペスの検査を早めに受けてウイルスを保持していることを自覚しなければいけません。

元々女性は男性よりも感染しやすい傾向があります。
アメリカで行われた感染リスクの臨床試験でも、たった1度の性行為でうつる確率は男性の4倍以上女性の方が高いことが判明しました。
女性から男性にうつるより、男性から女性にうつる方が大多数を占めているので女の人は用心するのに越したことはありません。

口唇ヘルペスも性行為でうつりますが、ほおずりや食べ物の口移し、ペットボトルの回し飲みなど日常の様々なことが感染経路になります。

ヘルペスの症状と再発の原因について紹介

単純ヘルペスウイルスは1型と2型の2種類あり、症状が出る部位が異なります。
ヘルペスウイルスに感染した日本人のうち7割から8割は1型、残りの1割以下は2型の患者さんだそうです。

口唇ヘルペスを引き起こす1型は主に上半身の神経節に潜伏します。
一方、性器ヘルペスを引き起こす2型は下半身の神経節に潜む特性があります。

ただ、厄介なのは性行為が多様化した影響もあり2つのヘルペスが明確に分けにくくなってます。
1型ウイルスが性器から検出されることもあるので、区別するのは昔ほど簡単ではなくなっています。

口唇ヘルペスになると口元がムズムズ感、チクチク感など違和感を感じるはずです。
見た目にも口元が赤く腫れるので異常に気づきやすいでしょう。
赤く腫れたところの上に水ぶくれができるのも典型的な症状です。

やがて顎の下のリンパ節まで腫れて熱も出てきます。
キスなど粘膜同士が触れ合う行為を行ってから4日から1週間ほどしてこういった症状が現れたら口唇ヘルペスの疑いが濃厚です。

口唇ヘルペスは何度も繰り返し発症する可能性がありますが、初めて感染した時は重症化しやすいので注意が必要です。
びっくりするほど大量の水ぶくれが口の周りや唇に発生し、口内や喉元まで水ぶくれができます。

40度以上の高熱が出て1週間近く熱が下がらないこともあります。
ひどい口内炎やリンパ節の激しい腫れなど悲惨な状態になります。
2回目以降の発症は軽い水ぶくれなどの症状で済む傾向がありますが、最初の感染は本当に大変なことになるケースが多いようです。

性器ヘルペスの症状も口唇ヘルペスと同じように初発と再発では異なり、初めて感染した直後に発症する場合が重症化します。
感染して2日から10日ほど経過したあと、症状が出始めます。
初めは陰部付近に違和感を感じ、次第に性器付近に水ぶくれやただれなどができます。
男性は亀頭や包皮、冠状溝などの外陰部、女性は性器全体はもちろん子宮頚管や膀胱など身体内部まで症状が出ます。

男性も女性も太ももや肛門、お尻にも病変が広がる可能性があり、初期症状は軽くても強い全身症状が起きることがあります。
陰部の灼熱感や痛みを感じたあとは赤いぶつぶつや水ぶくれができ、発熱や倦怠感などを経験する患者さんもいます。

足のつけ根の鼠径リンパ節に腫れや痛みを生じるケースも珍しくありません。
初感染初発は急性型でしんどい思いをすることになりますが、感染してもすぐに症状が出ずにしばらくしてから発症する場合は軽い症状で済むことが多いようです。
再発した時も症状は重くありません。

ヘルペスの再発原因はストレスや疲労、紫外線などと深く関わっています。
ヘルペスを再発させないためにも、普段からストレスや疲労を溜めず紫外線対策を丁寧に行うことが大切です。
紫外線は夏以外にも年間を通して降り注いでいるので、日中は屋内にいても日焼け対策が欠かせません。

ヘルペスウイルスは薬を使っても排除は出来ない?

一旦ヘルペスになるとウイルスを完全に排除することはできません。
恐ろしいことに、1度ヘルペスウイルスに感染するとウイルスは神経節の奥深くに潜み、薬を使用しても死滅させることは不可能です。
従ってヘルペスの根治治療する方法はありません。

口唇ヘルペスや性器ヘルペスの症状が出て病院に行くと抗ウイルス薬を処方して貰えますが、この薬はウイルスを排除するためのものではなく症状が出ないように抑える目的で使用します。
抗ウイルス薬に頼りながら、生涯に渡りヘルペスウイルスを抑え続けなくてはならないため、そもそも感染しないために全力で予防するのが一番理想的です。

また、ヘルペスに感染、発症してしまった以上抗ウイルス薬を使ってしっかり対応することが重要です。
抗ヘルペス薬を服用すればウイルスの増殖をストップさせることができるので、病変を最小限に食い止めることが可能です。

人体に感染したヘルペスウイルスは細胞の内部で増殖を続け、やがて細胞を飛び出して近くの細胞に再感染します。
ひたすら再感染を繰り返すことでどんどん病変が広がっていきます。

ウイルスが増殖する時、人間の細胞の力でDNAを複製しなければなりません。
そのため、ヘルペスの代表的な抗ウイルス薬の有効成分アシクロビルは、ウイルスがDNA複製できないよう阻害する働きがあります。

薬の服用中はアシクロビルの働きでDNAを複製することができないため、それ以上増殖することも不可能になり病変の進行も食い止めることができます。

ウイルスに作用する薬を飲むのは怖いと感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、抗ウイルス薬が働きかけるのはウイルスに感染してしまった細胞です。
正常な細胞には何の影響も与えないので、人体に悪影響が及ぶことはないので安心して下さい。

むしろヘルペスを発症しているのに抗ウイルスを飲まず、病変が拡大する方が身体に良くありません。
ヘルペス発症中は患部がデリケートになっているので、他の性病や性感染症にかかる確率も高くなります。

もっと悲惨な症状が出る病気に狙われやすくなるので、できるだけ早く抗ウイルス薬を服用してウイルスの動きを封じ込める必要があります。
抗ウイルス薬はすぐに服用した方がその分効き目が強くなることが分かっています。

欧米で行われた臨床試験でも、身体に症状が出てから8時間以内に治療を始めると高い効果が発揮されることが判明しました。
反対に、発症後9時間以降に薬を服用してもプラシーボ群と大差ない効果しか出なかったそうです。

プラシーボ群とは、薬の有効性を確かめるために偽薬を服用して比較するための被験者たちを指します。
つまり、症状に気づいてから9時間以上経過してから抗ウイルス薬を使っても病変の拡大を防ぐ効果はあまり得られません。

また、医療機関で処方されるヘルペスの薬はジェネリック以外にバルトレックス、ゾビラックス、ファムビルの3種類ありますが、効き目の強さはそこまで差がありません。
錠剤のサイズや服用回数、値段などが違うので、受診時には種類の違いを確認しましょう。

ヘルペスを潰すのはNG!

性器ヘルペスは患部が性器周りになるので、外出中などは気軽に手を突っ込むことはできません。
ムズ痒くても我慢するしかありませんが、口唇ヘルペスの場合は手が届く場所に水ぶくれができるのでついいじりたくなってしまう方が多いようです。
けれどヘルペスの水ぶくれを潰すのは絶対にダメで、症状がひどくなる可能性大です。

単純ヘルペス1型に感染し、口唇ヘルペスを発症すると4日から7日前後潜伏したあとに唇周りがピリピリしたり痒みを感じます。
最初のピリピリから半日もすれば口唇が真っ赤になり、3ミリほどの水ぶくれが次々にできるようなります。

水ぶくれはかなり目立つので「思い切って潰したい」と考えるのも無理はないかも知れません。
けれど患部の水ぶくれを潰してしまうと、患部も広がり病状の悪化は避けられません。
ヘルペスウイルスが元気になると、身体の中で活発に動き増殖を繰り返します。

症状があらわれてから8時間以内に抗ウイルスを服用するのが最短で症状を抑えるのに効果的ですが、患部に水ぶくれができる時はウイルスがもっとも活発で激しく増殖を続けている真っ最中です。
水ぶくれの中にも原因ウイルスがたくさん詰まっている状態です。
潰すと周りの肌にもウイルスが付着し、恐るべきスピードで周囲に再感染し病変を拡大します。

水ぶくれを潰した指で自分の身体に触れれば、そこから感染する可能性もありますし、人に触りうつしてしまう恐れもあります。
濡れた手を拭いたタオルを家族が使い、二次感染を引き起こしてしまうパターンもよくあります。
子供にもうつるので、親から子へ家族感染しないよう予防しなければいけません。
恋人や友達同士でも警戒する必要があります。

特に肌に傷がある場合、ウイルスは瞬時に狙いを定めて感染先に選びます。
元々ヘルペスを発症している時は身体が弱っている時です。
疲れやストレスが溜まり、免疫力が著しく落ちている時にウイルスが活性化しやすくなります。
身体の抵抗力が落ちている時に水ぶくれを潰す暴挙に出ると、思わぬ二次被害に見舞われることもあるので気をつけましょう。

水ぶくれはやがてかさぶたになりますが、かさぶたになってからも無理に剥がしてはいけません。
かさぶたの表面は乾いていても、内部はまだデリケートな状態です。
かさぶたを強引に剥がしている最中にウイルスが周りへ飛び散る可能性もありますし、患部に跡が残る恐れもあります。

ヘルペスを発症してすぐ薬を飲んでも即症状がおさまるわけではなく、大体2週間は再発症状に泣かされることになります。
嫌な思いをしないように普段から予防対策に効くサプリメントを服用することも大切です。

生活習慣を改めながら予防効果が高いサプリを飲めば、よほど疲れている時や強い紫外線を浴びた時でもなければ再発を食い止めることができそうです。
アミノ酸のリジンを飲む対策も効き目があることが分かっています。

記事一覧
ヘルペスの薬バルトレックスの効果

ヘルペスというのは人間誰しもその菌を体の中に保有しています。 ストレスを始めとする外的な要因によって症状を発症し、一度発症するとくり返しその症状が現れるようになります。 症状が現れると、始めはニキビのような熱を持ったできものが体のいたるところに出てくるようになります。 目の周りにヘルペスが出てしまうと、目の神経に感染してしまう恐れがあるので速やかに眼科と皮膚科の療法にかかる必要があります。 ニキビのような出来物は熱を持ち、ピリピリと神経に刺さるような痛みを伴うことがあります。 ヘルペスに効果がある薬はバルトレックスという薬です。 薬価はとても高価なものですが、医師の指示通りに服用すれば5日ほどで症状が改善します。 成人した大人は1回の服用でバルトレックスを2錠飲むことが決められています。 バルトレックスは医師の処方箋があっても1回に5日分までしか処方することができない薬です。 副作用は頭痛や睡眠などの意識障害、腹痛や下痢と言った症状が報告されています。 バルトレックスはとても高価な薬ですが、バルトレックスにもジェネリックがあるので、費用を抑えたい方はそちらを選ぶと良いでしょう。 バルトレックスの薬価が1錠405.60円と高額なのに対して、ジェネリック医薬品の場合は、1錠188.8円から処方されています。 ただ、バルトレックス自体にはとても効果が高く、5日しか処方されなくても5日以内に完治することができるので早く治したい場合には最新の薬を服用したほうが効果的でもあります。 またバルトレックスのジェネリックは通販でも購入することができるので、通院が難しい方は利用してみるとよろしいです。 帯状疱疹が出てしまうと、全身かさぶたのようなものが出来てたいへん痛々しくもあります。 バルトレックスにはこのような症状に大変効果のある成分が含まれているので早く治療をすることができます。 ウィルスの増殖を抑えて症状の進行を抑制させる効果があるので、慣れてくるとすぐに病院にかかってヘルペス用の薬を処方してもらうことが可能です。 放置しておくと悪化します。 バラシクロビルの飲み方 バラシクロビルはバルトレックスと同様にヘルペスの菌の増殖を抑えて治療する薬です。 成分として含まれるのは、主にバラシクロビル塩酸塩が含まれています。 服用の仕方は、成人であれば1回1錠を1日2回服用することが好ましい飲み方です。 単純ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果があり、医師の指示通りに服用すれば、早く症状を治す事ができるのです。 バラシクロビルについても副作用が報告されており、発疹、蕁麻疹、そして痒みがその主たる例にあたります。 意識障害が表れることもあるので、運転をする際には十分に気をつける必要があります。 薬の形状はバルトレックスによく似ており、治療の効果もそれほど違いがあるわけではありません。 バルトレックスのほうが新薬として登録されており、そちらの方を優先して使用する医師が多いことも理由となっています。 この薬もバルトレックスと同様に、ウィルスの増殖を抑えて治癒するまでの時間を短縮化する効果があります。 正しく服用すれば、すぐに効果が現れる優れた薬で、ヘルペスに伴う神経の痛みや増殖を抑えてすばやく治癒してくれる優れた医薬品です。 先にも述べたように、ヘルペスという症状は、一度神経細胞に発症すると神経細胞内に潜伏を続け、外的なストレスなどによって発症を繰り返します。 しかしながら、そのたびにバラシクロビルまたはバルトレックスを服用することによってウィルスを抑制することが可能です。 ただ、一度発症してしまうと神経細胞内にウィルスがとどまってしまうので、薬によって完治することは難しいとされています。 発症を繰り返すたびにバラシクロビルまたはバルトレックス等を服用すれば、症状を抑制することは可能です。

2019年07月11日
コンジローマの症状と感染経路

コンジローマは、性感染症分野においては尖圭(せんけい)コンジローマ名で呼ばれることが多く、簡単にはウイルス感染によって発生するイボのことを指します。 正確にはヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで発症し、実は、人間の身体にできるイボの原因のほとんどがこのウイルスによるものです。 150種類近くが確認されており、尖圭コンジローマの場合には6型と11型の感染で発生します。 因みに、HPVには低リスク型と高リスク型の2つがあり、低リスク型が尖圭コンジローマなどの良性腫瘍、高リスク型では子宮頸がんなど悪性腫瘍の原因になります。 尖圭コンジローマの主な感染経路が性行為です。 HPVが皮膚や粘膜などにできた小さな傷から入り込むことで感染し、通常、数週間から8ヶ月程度の潜伏期間を経て症状が現れてきます。 性器以外に口頭咽頭内部に感染することも多く、厄介な点としては再発確率の高さがあります。 また、痒みや痛みなど自覚症状はほとんどないために、知らないうちにイボの数が増えてしまうケースも見られます。 現れる面積が増えることで避妊具を装着しても防ぐことができず、結果的にパートナーが触れた箇所から感染をすることになります。 感染経路では稀なケースとして母子感染があります。 母親が感染していることで出産時に赤ちゃんが産道を通る際に感染し、この場合、喉にイボができる呼吸器乳頭腫症にかかる可能性が高くなります。 尖圭コンジローマでは性器やその周辺にイボができ、男性では鬼頭や包皮、陰嚢、尿道口や肛門周辺によく現れます。 また、女性の場合には膣口や小陰唇、子宮膣部、肛門周辺によくできます。 イボには独特な特徴があり、先は尖った乳頭状で、患者によっては鶏のトサカ状やカリフラワー状になっている場合もあります。 イボ自体は1~3mm程度が多く、放置してしまうと次第に増えていくことになります。 治療には薬物療法と外科療法の2つが用いられており、中でも手軽にできるのが軟膏を用いた方法です。 イミキアドクリームの効果とは 尖圭コンジローマの治療には薬物療法と外科療法の2つがあります。 患者に負担なくできるのが薬物療法になり、現在、イミキアドクリームのみが保険適用になります。 これまでの治療では液体窒素による凍結方法や電気やレーザーを用いての切除が行われていましたが、イミキアドクリームを使用することで傷跡などを心配することなく対処することができます。 イミキアドクリームは患部に1日1回、1週間では3回就寝前に塗ります。 また、6~10時間後の起床時には石鹸などで薬剤を洗い流し使用します。 効果を得るには最低でも2週間程度は塗布する必要があり、まず最初にイボや周辺に赤みやただれ、表皮剥離などの症状が現れてきます。 続けることでイボは徐々に小さくなっていき、大切なのは途中で止めてしまわないことです。 最大16週間までは保険適用になるために、医師と相談をしながら諦めずに治療をすることが完治につながります。 使用する上で把握しておきたいのが副作用に関する内容です。 国内における臨床試験では副作用が確認されており、塗布部分の紅斑やびらん、表皮剥離、浮腫や疼痛などの症状が激しい場合には使用を中断する必要があります。 この場合、使用頻度を下げるのか完全に中断するかは医師と相談をした上で決めるようにし、自己判断で行わないことが大切になります。 イミキアドクリームは保険適用になっており診断を経た上での使用が安心できます。 一方、罹患場所がデリケートな部分になることから自分で治したいと考える人も多く、この場合、製品は個人輸入代行を利用して購入をすることになります。 抑えておきたのは信頼できる通販サイトを利用することがあり、事前に実績等を確認した上で判断をすることが大切です。

2019年08月16日
淋病の症状と感染経路

淋病は数ある性病の中でもクラミジアに次いで感染力が高く、淋菌に感染してからの潜伏期間が2日から7日で症状が現れ始めます。 感染部位は性器はもちろんのこと喉や肛門、目となっていることから、コンドームを使用しないセックスのほかにもキスやオーラルセックスなど、様々な性行為によって互いの粘膜が接触することが感染経路となっています。 淋病の症状の特徴としては、その症状の大きさは男女で違いがあるという点です。 女性が淋病に感染した場合には、自覚症状がそれほど強く現れることがほとんどないため感染に気づかない人も多いようですが、仮に症状が現れたとしてもおりものに膿が混ざったり量が多くなるなど比較的に軽度な症状で収まる場合が多いです。 また、女性と違って男性の場合には、ほとんどの人に激しい尿道炎を伴った強い症状が見られます。 男性が淋病に感染した際に見られる特徴的な症状として挙げられるのは、尿道から白っぽい膿が大量に出るというものです。 そのほかにも排尿時や勃起時の痛み、尿道口や睾丸の腫れ、頻尿、男性器表面の炎症などがあります。 ただ、淋病の感染経路には性器のほかにも喉や肛門、目などがあるように、それぞれ異なった症状が現れます。 喉の場合には軽い痛み、肛門の場合には痒みや不快感などと比較的に軽い症状で済みますが、目の場合には充血や膿のような濃い目ヤニの増加、目の痛みなどがあり、重症化してしまうと最悪の場合には失明の可能性もあるので注意が必要です。 このように症状に大小の違いはありますが、感染力が強い性病であることから感染拡大を防いでより快適な性生活を送るためにも、淋病と疑わしい症状が見られたらすぐに病院で治療を受けることが大切です。 なぜなら、淋病は自然治癒することが可能な病気ではないからです。 病院での治療法は、注射で抗生物質の投与する場合がほとんどで、基本的には1回の注射で治療は完了します。 また、注射以外にも飲み薬を使った治療法もあります。 そのため、多忙などの理由や治療部位がデリケートな箇所となるだけに恥ずかしいという理由などで病院に行けない人の中には、通販で淋病治療薬の購入をしている方も多くいるようです。 そして、その中でもレボクインという薬が人気となっています。 いずれにしても、淋病は自然治癒できないうえに重症化の恐れもある怖い病気なので、淋病特有の症状が出たら早急に治療を行うことをおすすめします。 レボクインを用いた治療法 レボクインは、抗菌効果が高く副作用も少ないため全世界の数多くの医療機関で使われているクラビットのジェネリック医薬品です。 そのため、クラビットと同じ成分と効果が期待できるうえに低価格で使用することができるので、多くの人が淋病に効果がある薬として使用しています。 強い殺菌作用を持つことから咽頭炎や扁桃炎といった喉の病気から肺炎や膀胱炎、さらには目や耳、鼻、皮膚の感染症など幅広い診療科の治療薬として使用されているレボクインですが、治療法としては飲み薬なので定期的に服用する形が採られます。 1日1回500mgのレボクインを10日から2週間ほど服用することが一般的な治療法で、1錠が250mgのタイプの物であれば2錠、1錠が500mgのタイプの物であれば1錠を飲むことになります。 また、副作用が少ないレボクインではありますが胃痛や下痢などの軽い胃腸症状が出ることもあります。 ですから、胃が弱い方の場合には回数を分けて少量ずつ飲むことも有効です。 抗菌効果が高いレボクインは効き目が表に現れてくるのが早いため、2週間ほど適切な用法と用量を守って服用を続けていれば淋病を完治させることが可能です。 しかし、近年ではニューキノロン系の抗生物質に耐性をもつ細菌が増えてきているので、例え淋病の症状が軽くなってきたとしても医師から指定された分量や服用期間を無視して、途中で服用することを止めるのは絶対に避けた方がいいです。 なぜなら、表面的に症状が改善され完治したと思っていても、体の中にある淋菌が完全に死滅した状態でない可能性が多分にあるからです。 また、病院で治療を受けずに通販サイトでレボクインを購入して使用している方であっても、少なくとも2週間は服用を続けることをおすすめします。

2019年09月17日
クラミジアの症状と感染経路

日本で最も感染者数の多い性感染症であるクラミジアは症状が現れないこともある病気です。 このことが感染者数を増やしている原因の一つでもあります。 また、症状が軽度であるために放置されてしまうこともあります。 しかし、感染に気が付かないで治療しないでいたり、軽度な症状だからと放っておいたりすると重症化することもあるので注意が必要です。 クラミジアは男女で症状が異なり、男性で50%、女性で75%程度の 人が、症状に気付いていないとされています。 男性の場合、普段痛みなどの症状が出にくい場所に症状がでるため気が付く割合が多いです。 男性に現れる症状は、性器から膿のような分泌物が出たり、排尿時に痛みを感じたりするほか、尿道のかゆみや違和感、副睾丸の腫れ、軽い風邪のような症状、陰部の痛みなどです。 クラミジアの原因菌が性器から尿道に感染し尿道炎を発症し、その後他の部分にも広がっていきます。 女性の症状は、陰部のかゆみ、おりものが増加したり臭いがきつくなったりする、排尿時の痛み、不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛みや出血など生理の時に起きるような症状に近いものが現れます。 また、普段からおりものの状態に注意していないと見過ごしてしまうこともあるでしょう。 クラミジアの原因菌は性器から子宮頸管へ感染し広がっていきます。 男女共に症状を放置しておくと不妊の原因になりますし、女性の場合、妊娠する前に気が付かなければ早産や死産のリスクが高まったり、出産の時に胎児へ感染する恐れもあるなど様々な危険のある病気です。 このような危険がある病気であれば日頃から注意したいものですが、感染経路に心あたりがなければ気が付かないこともあるでしょう。 クラミジアは母子感染を除く感染経路は感染者との性行為が感染経路となります。 空気感染することはありませんが、性行為を行った場合の感染率は50%と非常に高いものです。 クラミジアの原因菌は喉などの粘膜にも感染するため、粘膜同士が接触するような性行為を行えば感染する確率は0ではなくなります。 パートナーが感染に気がつかないでいる場合もあるので、もし感染した場合はパートナーと一緒に検査を受けることも重要です。 ジスロマックを用いた治療方法 クラミジアは自然治癒することはないため感染してしまった場合は治療が必要です。 治療薬にはジスロマックという抗生物質が使われることが多いです。 他にも有効な抗生物質は多いですが、ジスロマックを含むマクロライド系に分類される抗生物質は副作用が少ない薬です。 副作用の少なさは妊婦中の方や子供の治療にも用いることからも分かります。 クラミジアの治療において効果が高いとされていますし、一度の服用で治療を終えることができることから治療を行う際に選ばれることが多いのです。 ジスロマックを用いた治療方法の場合、薬を服用するのは1回で済みます。 しかし、完治までには3~4週間程度かかるので注意が必要です。 ジスロマックの効果は、服用から2時間半程度で現れ、7日間持続するとされています。 この7日間というのは薬の成分の血中濃度が高い期間であって、クラミジアの場合は更に治療期間が必要です。 その期間が最低3週間は必要とされています。 クラミジアは少しでも体内に菌が残っている場合再発の恐れのある病気ですし、完治しないうちに性行為を行ってしまうと感染を広げてしまいます。 そのため、治療期間中は性行為を控えなければなりません。 また、クラミジアの治療の際は薬を飲んで終了ではなく治療期間後の検査を必ず受けましょう。 ジスロマックはクラミジアの治療薬として効果の高い薬ですが、感染した菌が薬に対して耐性を持ってしまっている場合があります。 耐性を持っている菌であった場合、薬の効果を十分に得ることができず完治できない可能性があります。 完治していなかった場合は別の抗生物質での治療が必要です。 感染拡大やパートナー同士での感染を繰り返さないためにも検査を受けるようにしましょう。

2019年09月01日
トリコモナスの症状と感染経路

トリコモナス感染症にはいくつかの種類があり、中でも膣トリコモナスは性感染症の中ではポピュラーな存在です。 トリコモナス原虫を原因としてかかり、厄介なのは男女ともに自覚症状が出にくいことがあります。 また、再発を繰り返すことが少なくないことも特徴の1つです。 トリコモナスの症状は男女によって違いがあり、特に女性には様々な症状が現れます。 自覚症状が無いケースでも6ヶ月後にはその1/3が症候性になるといわれており、代表的なものがおりものの異常です。 泡状の強い悪臭のする黄色いおりものが増加し、ときにはアミン臭と呼ばれる魚の臭いに近いものを感じる場合もあります。 外陰部や膣の刺激感から痛みを感じることも多く、症状が進行するとおりものに血が混じるようになります。 男性は女性とは異なり、約90%以上は自覚症状が出ないと言われています。 また、出たとしても3週間程度で消えてしまうことも多く、理由の1つには、感染しても原虫自体が尿によって洗い流されてしまうことがあります。 症状には尿道からの分泌物、いわゆる膿が出るようになり、排尿時にも軽い痛みを伴うようになります。 トリコモナスの感染経路で最も大きなものが性行為です。 避妊具を使用しないでの性行為は高い確率で感染し、自覚症状が少ないなどの特徴から、場合によっては感染経路が特定できないといったケースもあります。 トリコモナスの感染経路は、必ずしも性行為だけとは限りません。 公衆浴場やプールといった場所も経路となるケースがあり、子供や高齢者が感染してしまう原因にもなっています。 また、仮に家族に感染者がいた場合などでは共用するタオルなどが感染経路になる場合もあります。 性行為でなくても感染をしてしまうのは、トリコモナスが持つ特性が起因します。 原虫は、乾燥に非常に弱いという特性を持ちます。 一方、水中では非常に長い時間生息することができ、そのためにプールな浴室などでの感染につながっています。 フラジールを用いた治療法 トリコモナスは、男性であれば泌尿器科や性病科、女性であれば婦人科や性病科が受診科になります。 治療では男性の場合には飲み薬、女性では飲み薬や膣錠が処方されることが多く、概ね7~10日程度の期間で改善を図ることができます。 治療では、主にフラジールが処方されます。 フラジールは原虫症や細菌感染症に効果があり、具体的には、トリコモナス原虫の内部でニトロソ化合物に変化をすることでDNAらせん構造の不安定化を招き作用を遮断します。 トリコモナスに罹った場合、また、疑わしいなどの場合には、性感染症というデリケートな面から自分で治したいと考える人も多くいます。 ただ、フラジールを使用したい場合には処方薬であるために薬局等では購入をすることができません。 使用する場合には医師の処方箋が必要になり、必ず受診を受けることになります。 処方箋に拠らずフラジールを入手できる方法が個人輸入代行の活用です。 通販サイトを利用することで購入をすることができ、行為としては個人使用に限り認められています。 通販サイトの最大のメリットは安いことがあり、誰にも知らずに購入をすることができます。 商品は代行業者が輸入をしたものを購入する形になり、パッケージや取扱説明書等は主に英文で書かれています。 フラジールを個人輸入で購入をする際にはリスクを良く理解した上で利用することが大切です。 まず、購入先は実績のある通販サイトを選ぶ必要があります。 実績のある通販サイトであれば商品自体に問題が出ることは少なく、安心して購入をすることができます。 一方、利用自体は全て自己責任になることを理解しておく必要があります。 中には、添付説明が外国語であるためによく理解せずに利用してしまうケースも見受けられ、万が一、体に違和感が出た場合には速やかに医師の診断を受けることが大切になります。

2019年07月31日
ヘルペスの薬ゾビラックスの効果

ゾビラックスは唇や性器、角膜などのヘルペスやヘルペス性歯肉口内炎、帯状疱疹に水疱瘡(みずぼうそう)が発症してから早期の段階で服用すると症状からの回復が早くなります。 有効成分のアシクロビルで抗ウイルス作用によりヘルペスウイルスの生合成を阻害し増殖を最小限に抑えてくれます。 ジェネリック薬としてバラシクロビル錠もありますが、長くヘルペス治療では使われてきた実績が高い薬です。 バルトレックスも少し安いですが吸収効率が悪く1日に5回飲む必要があります。 ゾビラックスの効果の効果は性器と口唇ヘルペスに対し5日間の服用で症状を鎮静化させられます。 5日間の継続的な服用をすることで症状を完全に鎮静化が出来ます。 治癒までの期間は症状が重い初感染だと1週間から2週間、再発性だと症状によって違いますが遅くても1週間以内に治すことも可能です。 ゾビラックスに対してのウイルスの耐性化は報告がないので確実に効果が期待出来ますが、服用の時期が遅れると有意な効果が得られません。 再発性だと発症してから6時間以内に服用するのがおすすめで遅くても24時間以内に服用をする必要があります。 服用するタイミングが早いとその分だけ効果が高く出て、再発性の場合は早期の服用で発症を予防することも出来ます。 ヘルペスの再発を何度も繰り返している場合は、発症する直前に患部の疼きやむずむずとした予兆を感じることもあり、予兆を感じた時に服用を始めるのが発症を未然に防ぎやすくなります。 帯状疱疹は7日間の服用で治癒を早めながら後遺症を予防し、7日間の継続的な服用で完治と一緒に後遺症を防ぐ効果があるとされています。 効果が出るのは服用してから2日から3日ほどで、皮疹を治癒するだけではなく神経で活動しているウイルスを抑えることで疼痛の症状も和らげられます。 神経へのダメージが最小限に抑えられると後遺症の帯状疱疹後神経痛へ移行を防げます。 ゾビラックスの効果を十分に得るには発症から3日以内の服用がよく遅くても5日まで飲み始めることが大切です。 ゾビラックスの購入方法 アシクロビルを主な成分としたゾビラックスは用法用量を守ることで副作用の心配はあまりなく、比較的軽くて安全だといわれています。 外用薬タイプに限って市販が認められていますが、副作用として頭痛や眠気、吐き気に下痢、発疹とかゆみ、むくみやめまいなどがあります。 これは必ず出るわけではなくあくまで副作用は軽い薬であることは違いないので、用法と用量を守って過剰に服用しない限りはそこまで心配する必要はないです。 副作用を感じて5日以上経過しても症状が消えないときは、身体に合ってない可能性が高いので医師に相談した方が良いです。 ゾビラックスをの購入方法は、内服薬だと処方薬になるのでドラッグストアなどで市販されてません。 ただ、個人輸入代行通販サイトを利用することで診察を受けて処方箋を貰わなくても買うことが可能です。 これだと診察料や交通費もかからず通販なら大幅に経費を節約することも出来ます。 再発を繰り返しているときは通販を利用し常備薬として置いておいた方が良いです。 症状が出てから病院に行き処方をしてもらっていると、服用までに時間がかかり症状が悪くなることもあります。 病院で常備薬として処方をしてもらうと保険適用にならないため、かなり高額になるので常備薬として購入するときは通販の方が便利で費用も安いです。 ゾビラックスは長年ヘルペス治療で医療現場で使われてきた実績が高い薬で、ヘルペス治療薬で使う先発医薬品の中では比較的安価です。 現在ではバルトレックスやファムビル、ジェネリック薬のバラシクロビル錠が主流になっていて処方することも少なくなっていますが通販なら気軽に自宅から買うことが出来ます。 通販だと纏めて買うことも出来るので普段からもしものために置いておくときにも便利です。

2019年06月30日