• ホーム
  • ヘルペスの薬ゾビラックスの効果

ヘルペスの薬ゾビラックスの効果

2019年06月30日

ゾビラックスは唇や性器、角膜などのヘルペスやヘルペス性歯肉口内炎、帯状疱疹に水疱瘡(みずぼうそう)が発症してから早期の段階で服用すると症状からの回復が早くなります。
有効成分のアシクロビルで抗ウイルス作用によりヘルペスウイルスの生合成を阻害し増殖を最小限に抑えてくれます。
ジェネリック薬としてバラシクロビル錠もありますが、長くヘルペス治療では使われてきた実績が高い薬です。

バルトレックスも少し安いですが吸収効率が悪く1日に5回飲む必要があります。
ゾビラックスの効果の効果は性器と口唇ヘルペスに対し5日間の服用で症状を鎮静化させられます。
5日間の継続的な服用をすることで症状を完全に鎮静化が出来ます。
治癒までの期間は症状が重い初感染だと1週間から2週間、再発性だと症状によって違いますが遅くても1週間以内に治すことも可能です。

ゾビラックスに対してのウイルスの耐性化は報告がないので確実に効果が期待出来ますが、服用の時期が遅れると有意な効果が得られません。
再発性だと発症してから6時間以内に服用するのがおすすめで遅くても24時間以内に服用をする必要があります。
服用するタイミングが早いとその分だけ効果が高く出て、再発性の場合は早期の服用で発症を予防することも出来ます。

ヘルペスの再発を何度も繰り返している場合は、発症する直前に患部の疼きやむずむずとした予兆を感じることもあり、予兆を感じた時に服用を始めるのが発症を未然に防ぎやすくなります。
帯状疱疹は7日間の服用で治癒を早めながら後遺症を予防し、7日間の継続的な服用で完治と一緒に後遺症を防ぐ効果があるとされています。
効果が出るのは服用してから2日から3日ほどで、皮疹を治癒するだけではなく神経で活動しているウイルスを抑えることで疼痛の症状も和らげられます。

神経へのダメージが最小限に抑えられると後遺症の帯状疱疹後神経痛へ移行を防げます。
ゾビラックスの効果を十分に得るには発症から3日以内の服用がよく遅くても5日まで飲み始めることが大切です。

ゾビラックスの購入方法

アシクロビルを主な成分としたゾビラックスは用法用量を守ることで副作用の心配はあまりなく、比較的軽くて安全だといわれています。
外用薬タイプに限って市販が認められていますが、副作用として頭痛や眠気、吐き気に下痢、発疹とかゆみ、むくみやめまいなどがあります。
これは必ず出るわけではなくあくまで副作用は軽い薬であることは違いないので、用法と用量を守って過剰に服用しない限りはそこまで心配する必要はないです。

副作用を感じて5日以上経過しても症状が消えないときは、身体に合ってない可能性が高いので医師に相談した方が良いです。
ゾビラックスをの購入方法は、内服薬だと処方薬になるのでドラッグストアなどで市販されてません。
ただ、個人輸入代行通販サイトを利用することで診察を受けて処方箋を貰わなくても買うことが可能です。
これだと診察料や交通費もかからず通販なら大幅に経費を節約することも出来ます。

再発を繰り返しているときは通販を利用し常備薬として置いておいた方が良いです。
症状が出てから病院に行き処方をしてもらっていると、服用までに時間がかかり症状が悪くなることもあります。
病院で常備薬として処方をしてもらうと保険適用にならないため、かなり高額になるので常備薬として購入するときは通販の方が便利で費用も安いです。

ゾビラックスは長年ヘルペス治療で医療現場で使われてきた実績が高い薬で、ヘルペス治療薬で使う先発医薬品の中では比較的安価です。
現在ではバルトレックスやファムビル、ジェネリック薬のバラシクロビル錠が主流になっていて処方することも少なくなっていますが通販なら気軽に自宅から買うことが出来ます。
通販だと纏めて買うことも出来るので普段からもしものために置いておくときにも便利です。