• ホーム
  • ヘルペスの薬バルトレックスの効果

ヘルペスの薬バルトレックスの効果

2019年07月11日

ヘルペスというのは人間誰しもその菌を体の中に保有しています。
ストレスを始めとする外的な要因によって症状を発症し、一度発症するとくり返しその症状が現れるようになります。
症状が現れると、始めはニキビのような熱を持ったできものが体のいたるところに出てくるようになります。
目の周りにヘルペスが出てしまうと、目の神経に感染してしまう恐れがあるので速やかに眼科と皮膚科の療法にかかる必要があります。
ニキビのような出来物は熱を持ち、ピリピリと神経に刺さるような痛みを伴うことがあります。

ヘルペスに効果がある薬はバルトレックスという薬です。
薬価はとても高価なものですが、医師の指示通りに服用すれば5日ほどで症状が改善します。
成人した大人は1回の服用でバルトレックスを2錠飲むことが決められています。
バルトレックスは医師の処方箋があっても1回に5日分までしか処方することができない薬です。
副作用は頭痛や睡眠などの意識障害、腹痛や下痢と言った症状が報告されています。

バルトレックスはとても高価な薬ですが、バルトレックスにもジェネリックがあるので、費用を抑えたい方はそちらを選ぶと良いでしょう。
バルトレックスの薬価が1錠405.60円と高額なのに対して、ジェネリック医薬品の場合は、1錠188.8円から処方されています。
ただ、バルトレックス自体にはとても効果が高く、5日しか処方されなくても5日以内に完治することができるので早く治したい場合には最新の薬を服用したほうが効果的でもあります。
またバルトレックスのジェネリックは通販でも購入することができるので、通院が難しい方は利用してみるとよろしいです。

帯状疱疹が出てしまうと、全身かさぶたのようなものが出来てたいへん痛々しくもあります。
バルトレックスにはこのような症状に大変効果のある成分が含まれているので早く治療をすることができます。
ウィルスの増殖を抑えて症状の進行を抑制させる効果があるので、慣れてくるとすぐに病院にかかってヘルペス用の薬を処方してもらうことが可能です。
放置しておくと悪化します。

バラシクロビルの飲み方

バラシクロビルはバルトレックスと同様にヘルペスの菌の増殖を抑えて治療する薬です。
成分として含まれるのは、主にバラシクロビル塩酸塩が含まれています。
服用の仕方は、成人であれば1回1錠を1日2回服用することが好ましい飲み方です。
単純ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果があり、医師の指示通りに服用すれば、早く症状を治す事ができるのです。

バラシクロビルについても副作用が報告されており、発疹、蕁麻疹、そして痒みがその主たる例にあたります。
意識障害が表れることもあるので、運転をする際には十分に気をつける必要があります。

薬の形状はバルトレックスによく似ており、治療の効果もそれほど違いがあるわけではありません。
バルトレックスのほうが新薬として登録されており、そちらの方を優先して使用する医師が多いことも理由となっています。

この薬もバルトレックスと同様に、ウィルスの増殖を抑えて治癒するまでの時間を短縮化する効果があります。
正しく服用すれば、すぐに効果が現れる優れた薬で、ヘルペスに伴う神経の痛みや増殖を抑えてすばやく治癒してくれる優れた医薬品です。

先にも述べたように、ヘルペスという症状は、一度神経細胞に発症すると神経細胞内に潜伏を続け、外的なストレスなどによって発症を繰り返します。
しかしながら、そのたびにバラシクロビルまたはバルトレックスを服用することによってウィルスを抑制することが可能です。
ただ、一度発症してしまうと神経細胞内にウィルスがとどまってしまうので、薬によって完治することは難しいとされています。
発症を繰り返すたびにバラシクロビルまたはバルトレックス等を服用すれば、症状を抑制することは可能です。